ツァーリボンバ。 ロシアの国営原子力会社がツァリボンバの歴史上最大の機密水爆のドキュメンタリー映像を公開

ロシアが史上最大の核弾丸「ツァリ・ボンバ」の実験ビデオを公開

これは想像を超えるレベルです。 一次放射線の致命的なゾーン(500レム)は半径6. 爆発の直前の映像では、2つの飛行機が射程に向かって飛んでいます。 2020年9月14日18:00:00• 米国は当初、ツァリボンバの爆発力を57メガトンと推定していましたが、1991年に発行されたソビエトの文書は、実際には50メガトンであると述べています。 これがコンテンツが開かれた2番目の理由です。 最強の基準は、TNT換算で1トン程度です。

Next

ソビエト連邦で最も強力な水爆「ツァリボンバ」を爆発させる実験は、「逃亡する巨大なエイリアン」を破壊することを目的としました!フルシェフに代わって、不可解な発言...

この爆発による衝撃波は、地球を3回飛行した後でも、空気振動計に記録されており、衝撃波の到着も気象観測所で観測されました。 1961年7月、当時の共産党中央委員会の初代書記、ソビエト連邦の最高指導者であるニキータフルシチョフの指示により、100メガトンの核兵器の開発が始まりました。 1961年にソビエト連邦で実験が行われたとき(当時)、1000 km以上離れた地点からでも「この核爆発の発生が確認できた」という証拠があります。 6 km、爆発のヒット範囲はkm、熱線のヒット範囲はkmで、周囲に3つの円があります。 時間の経過とともに開発に伴ってヒット率を上げることで強力なものを作る必要性は少なくなり、マークを広範囲に破壊する手段として複数の弾丸を開発することで多数の小さな弾丸を分散させることがより効果的であることがわかりました。

Next

Tsari Bomba(最強の武器)

このプロジェクトはソビエトの核開発に基づいており、ヴィクトルアダムスキー、ユーリババエフ、ユーリスミルノフ、ユーリトゥルネフなどのメンバーが参加しました。 ウランとの核融合は原子炉での実験が済んでいたため不要で、ウラン不足のため原爆配備が遅れたとされる。 彼らは言う。 小さな波と泡が水面に浮かんでおり、暖かい放射性水蒸気が含まれています。 爆発時にはBLEVEと呼ばれる現象を利用して沸騰し、気化した液体燃料を広範囲に噴射して着火するので効果的です。 砲身タイプは大量のウランを必要とし、小型化が難しく、武器として使用できませんでした。

Next

現在のba旅行フィードサイトはどれですか?グーグルマップで確認できますか?

装置のデータとテストサイトへのアクセスにより、歩留まりがより正確であることがわかりました。 爆発は1000kmの距離でも見ることができました。 重量は27トン、全長は8メートル、直径は2メートルです。 "ツァーの爆弾")はまだ残っています最も強力な核兵器が作成され、テストされました。 だから:「マークを残すことができない場合は、ストロングの周りのすべてを倒します!」... この作業率は日光の約1. 次のユーザーコメントは削除されます。 幸いにも、この実験の結果、ソビエト連邦の北の遠隔地で行われた死者は一人もいませんでした。 2017年9月、北朝鮮はEMPターゲットに核兵器を配備することを申し出たため、世界的な警戒が高まった。

Next

Tsari Bomba(最強の武器)

smithsonianmag. 原子力発電量はそれが落ちた時の0倍で、これはこれまでに開発された最大の生産量です。 落下の瞬間。 ユーザーは、ディスカッションの他の参加者、読者、および記事の担当者について話す必要があります。 開発が可能です(Aan、Dew:Ivan)。 2020年9月1日取得。 FOABは、アメリカが保有する世界最強の通常兵器であるMOABに対して作成されました。

Next

Tsari Bomba(最強の武器)

2000キロ以上のスポットから確認し、3周を行いました。 このインフォグラフィックを閲覧すると、世界の多数の核兵器を感じることができます。 仕様書• 1961年10月30日 北極圏をめぐるソビエト連邦 水素爆弾を爆発させる実験が行われた。 爆発時のエネルギーは、210ペタジュールあたり5. 6kmで、爆発に当たる職員の射程が23kmであり、致命的な火傷を引き起こす熱線の有効範囲が58kmに達するという事実にあると言われています。 2020-09-16 01:44:30•• しかし、Tsari Bombaによって形成されたキノコ雲は成層圏を通過して拡大し、その上の大気層の中央ゾーンに到達したようです。 一方、最も強力な核兵器は、ソビエト連邦がこれまでに開発した最大の水素爆弾で、「」と呼ばれています。 爆発状態 爆発のタイプ全体は明確には説明されていません。

Next